fc2ブログ

クールビズ反対運動

これから暖かくなり、言うてるうちに暑くなってきますね。
ご存知の方も多いかと存じますが、弊社は夏場でもお客様
とのお打合せに際しては、基本的にクールビズを禁止し、
自分はもちろん、スタッフにもネクタイと上着着用を強制して
います。(とはいえ、熱中症で倒れられても困りますので、
お客様のビルを一歩出れば半袖化しているのは内緒ですが・・・)

しかし、なぜそんな今時パワハラまがいの強制をしているのか
といいますと、尊敬する営業の神様のような大社長がそうして
いらっしゃる、のも大きな理由なのですが、『我々は偉そうなこと
を言ってお金を頂く商売だから』というのもあります。

ただでさえ社長に比べて若い我々が、襟口の開いた状態で
何を言ったところで、内容が頭に入ってくる前に、どうしても
だらしない印象が先に来てしまいます。「見た目がパリッとして
いないと、いくらいいこと言っても聞く耳持ってもらえへんで、
専門家も見た目が大事なんやで」ということをスタッフにも
わかってもらいたいからです。

これは、大仰に言えばいわゆるブランディングの一環です。
我々のような専門家は、説明能力や論理性などが求めら
れる仕事ですので、お客様にキッチリした印象を持って
いただくことが望ましいからそうしているのです。
逆に、面白さやセンスを求められるようないわゆるクリエイ
ティブな職業であれば、スーツなんか着ている場合ではなく、
髪の毛も黒いままではいけないかもしれませんね。

昔業務でかかわった、シェフとしてメディアにも露出されて
いる社長はこうも仰いました。「僕は太っているが、これは
わざとなんだ。なぜなら、太った人が作った料理の方が
旨そうに見えるからなんだ。」料理だけ見ても十分に美味
しそうな料理を出される方ですが、何気に説得力がありますね。

税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト



<< そこに愛はあるんか | ホーム | 大型犬の気持ちで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム