fc2ブログ

真の安定とは

先日、選挙後に美容室で義理の弟(美容師,50歳)と話していた時のことです。

義弟「最近の若い人たちは自民党に入れるらしいってTVで言うてたわ」
大塚「えっ、なんでですか。現状に不満ありそうなのに」
義弟「そやねん。でも、彼らは今まで一度もいい時代を経験してないから」
大塚「まあ僕ら世代(80年代生まれ)もそない変わりませんけどね」
義弟「逆に変に変えて、現状よりも悪くなるのだけは避けたいらしいわ」
大塚「マジっすか。若いのにどんだけ保守的なんですか」

 まず申し上げておきますと、別に自民党を支持するのがいけないとは思って
おりません。野党もアレですから。

 ただ、どうにも見通しがよくない世の中で、安定が欲しいとは
いえ、若い世代がここまで現状維持に重きを置くというのは、
国としてもうダメなところまで来ている可能性がありますね。
 しばらく前から就職先や結婚相手に希望する職種の1位が
「公務員」で、ずっこけそうになっていたのですが、これが「つ
ぶれない」「クビにならない」だから「安心」というのが理由だと
したら、若者が希望を持てない社会にした大人の責任は重大です。

 真の安定とは、安定的な職についたり、現状維持を目指す
ことではなく、「変化への対応力をつけること」です。すなわち、
何が起こっても、社会がどう変化しようと、生き残っていける力
を身に着けることが、真の安定をもたらすのです。

 逆説的ですが、その力を身に着けるためには、リスクを取ら
なければならない局面もあるでしょう。ここで若者がリスクを
取らずにどうするのかと。
やり直せることと体力が若者のアドバンテージなのですから。
おっさんになるとよくわかります。
 このまま現在の若者世代が「守り」に入る年齢になってしま
うと、日本の将来は本当に厳しいものになるでしょう。(もう
なっている?!)

税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト



<< ストレスマネジメント | ホーム | 死なない程度にけがをする >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム