FC2ブログ

先手必勝

 最近、藤井二冠の活躍もあり注目されている将棋ですが、
必勝とまではいきませんが、先手の勝率が少しだけ高いの
をご存じでしょうか。
 ボードゲームで言えば、チェスは先手が完全に有利で、
上級者同士の戦いでは後手はまず引き分けを狙いにいく
そうです。
 ちょっと別ジャンルになりますが競馬なんかも基本的には
先行する馬が有利で、人気を背負った有力馬が後方から
行くのは腹を括る形になります。
 何が言いたいかと申しますと、世の中基本的に先手必勝
先行有利である、ということです。後手に回っていいこと
なんてほとんどありません。

 経営の世界でも「先行者利益」なんて言葉があります。
ある業界でいわゆる業界初の地位を得れば、当然ですが
競合にまねされるまでの間は独占的な地位を生かして、
ノウハウ面や価格面などで優位に立つことができます。

 経営という大きなくくりではなく、ひとつひとつの業務の
進め方をとっても、お客様(や上司)のオーダーを素早く、
できれば言われる前に対応していけば、信頼が厚くなり、
円滑に業務を進められます。

 逆に、進捗状況を確認されたりすることが常態化してし
まうと、いわゆる「後手に回る」形となりスンナリいきません。
痛くもない腹を探られたり、当たり前のことに説明を求められ
たりしてしまいます。
 わかってるんだけどスピード感が欲しい、という方は、
(自分の中での)完成度を8割にして、3日早く確認してみる
という手をオススメします。
 万一認識のずれがあったりしても軌道修正する時間も
取れますし、意外と使えますよ。
 実はこれも、昔の上司に言われた「君の100%なんて
たかが知れている、締め切りより少し前に持ってきなさい」
という言葉に基づいています。

税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト



| ホーム | 賭ける方、賭けられる方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム