FC2ブログ

賭ける方、賭けられる方

 経営とは◎◎である。人生とは◎◎である。◎◎に入る共通の言葉は何でしょうか。
色々と考えられますが、今回、小職はあえて「賭け」という言葉を入れてみたいと 思います。

 自分主体に見た時、上記の意味の「賭け」において、まずは「賭ける側」と言えるで しょう。
この場合、賭けに勝つために研鑽や情報収集など最大限の努力をし、なお かつ少しの運
を得られれば、賭けに勝てることになります。
(もちろん、頑張ったから と言って必ず勝てるとは限りませんが・・・)

 ここで本日申し上げたいのは、もう一歩進めて、経営や人生には「賭けられる側」 の側面
もあるのではないか、という事です。
 経営であれば取引先や従業員や株主、人生であれば親や配偶者を始めとした自分に
期待してくれている人々、こういった方々は、ある意味では自分に賭けてくれているのです。

 むしろ、他の誰かから自分に賭けてもらえるようにならなければ、大きく は成功できないのです。
(これは経営者でなくても職場の上司などとの関係性でも同 じことですが)

  では、賭けてもらうにはどうすればよいのでしょうか。 これは、実は状況により様々
なのですが、「誠実さ」「信頼感」「安定感」「意外性」 「面白さ」「ワクワク感」など、
関係者が期待する要素を満たし続けることがそれにつ ながるのでは、と思います。
賭ける理由も人それぞれですから・・・。

 そんなん当たり前やん、と仰られるかもしれませんが、相手が自分に何を期待して
いるのか、きちんと把握できていないことも結構あると思いますので、一度見つめ直 して
みるのも良いかもしれません。

公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト



| ホーム | 働き方改革に物申す >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム