FC2ブログ

丸投げか、マイクロマネジメントか

 仕事を割り振る立場になると、どの程度細かく指示を出すか、
という事につきマネジャーは常に悩まされることになります。
 小職が社会人のスタートを切った某監査法人で、
二通りの上司と出会いました。
 一人は、鬼のように厳しい人でしたが、常に目的と期限だけを
指示して丸投げ、後は結果を早く見せろ、どうせ100点ではない
んだから俺がダメ出しをしてやる、という人でした。
 ただ、一方で本質を重視しており、きちんと仕事の目的を達成
していれば、君はそつのない奴で面白くない、とほめてくれました。
 もう一人は、表面上は優しい人でしたが、いわゆる箸の上げ下げ
まで指示するマイクロマネジメント、例えば文書作成のフォントまで
指示してくるような上司でした。しかも、そういう人に限って方針が
一貫せず、現場は振り回されて疲弊していました。
 同時期に幸運にも好対照な二人の上司に恵まれ(?)、
小職は前者を目指そう、と心に決めたのです。
 最終的に顧客と対峙する一端のプロとしてやっていくには、
自分の頭で考える習慣がどうしても必要になるのです。
 上司は、失敗しそうなときや、失敗してしまったときに、フォロー
すれば良いのです。(それもしなければ本当に鬼ですが・・・)
 この点、マイクロマネジメントに慣れてしまうと、自分の頭で
考えなくなるばかりか、指示通りやったんだから何が文句ある
んだ、というような思考停止人間になる可能性が高くなります。

 なので、小職は常に心を鬼にして丸投げしています。もちろん、
業務の目的、注意すべきポイント、最終期限等は事前に伝えま
すが、進め方についてはあまり指示しません。
 そのうち弊社スタッフにはシバかれるかもしれませんが・・・(笑)

税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム | なぜ弁護士さんはタクシーに乗るのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム