FC2ブログ

優秀な奥様方!遠慮せずもっと働いてください!!

■政府税調:配偶者控除「103万円の壁」見直し議論開始
http://mainichi.jp/select/news/20140415k0000m020067000c.html

配偶者控除は、妻の年収が103万円以下であれば本人に所得税が
かからず、控除を受けられる範囲内で働こうとするため、「女性の
社会進出の妨げになっている」との批判がある。(引用ママ)

仕事上、この類の相談は、たまに受けますが、、、結論から言えば、
奥様方、そんなしょうもないこと気にせんと、ビシバシ働いて
おくんなまし!ということです。

配偶者控除って、配偶者(夫)の平均所得を400万円とすれば、
税額ベースでの影響は、年間10万円~15万円です。

たしかに、軽い数字ではないかもしれませんけど、
長い目で見れば、税制の問題ではないのですよ。

事実、この縛りがあっても長時間働く人は働くし、なかった
としても労働時間を制限する人はおそらく制限するのです。


ここまで申しますのも、女性が社会進出したい、本当に一生働き
続けたいと思うのであれば、スキルアップは不可欠です。

そして、スキルアップしたいなら、短期的な実入りがどうであろうと
労働時間に制限を制限を付ける、というのはナンセンスです。

つまり、短期的には、確かに一定の労働時間の枠内で歯止めをかけた
方が得なのかもしれませんが、長期的に見れば、それは知らず知らず
のうちに成長性の面で、損をしている可能性がある、ということです。

また、大変恐縮な言い方をすれば、使う側からすれば、こういった
枝葉末節が重要でないことを直感的に理解できる人の方が地頭がよく、
重用したいと考えているものです。

税制上の優遇による目の前の10万円をとるか、
長期的なもっと大きなリターンを目指していくのか。

優秀な奥様方には、いつ変わるかもわからぬ税制など気にせず、
ぜひ、日本の為にも後者を目指して頂きたい!!!


公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト



<< 儲けたいなら研究者も独立しなさい! | ホーム | それでも、ご子息が継いだ方が良いのです >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム