FC2ブログ

一年が早く過ぎる理由と、そうならないようにするには

今年もあっという間に残すところ2週間程度となりましたね。
年々、1年が早く流れるようになっている気がします。

これは誰しもが感じることだと思うのですが、実は科学的な根拠が
ありまして、子供のころの1年は、脳と体の発達による変化や、
入学・卒業・受験など、毎年が今まで体験したことのない新鮮な
体験に満ちているので、常に脳への刺激が多いのです。
だから、1年が長く感じられる。

それに比べて、大人になり、まして仕事をし始めて何年もたつと、
子供のころに比べると、それほど経験したことのないようなこと、
ということは起きません。それで、脳への刺激が少なくなり、
同じ1年を短く感じるようになるのだそうです。

まあ流石にそれは仕方ないにせよ、漫然と日々を過ごしてしまう
ことは、それこそ人生の浪費であり、避けるべきですよね。

そうならない為に重要なことは、日々の生活で目標を立てる、
ということが大切なのではないかと思っています。

目標というと大層ですが、仕事でもプライベートでも、何かを
目指してみる、何でもよいと思いますが、それが大事だと思います。

風邪をひかない、年収アップ、なんてのでもいいですし、もちろん
ダイエットでもいいですし、彼氏彼女を見つける、ゴルフで100
を切るなんてのでもいいかと思います。

ここで、目標は立てっぱなしではダメで、それを達成するには
具体的にはどういったことを行うべきか、ということも考えな
ければなりません。
こういうことを考えるには、比較的余裕のある年末年始の時間
がぴったりだと思っています。

経営計画であれば、事細かにアクションプランを立てるところ
ですが、個人であればそこまではしなくてもいいと思います。

ただ、「心がける」ことが大事だと思います。そして、ベタですが、
心がけられるように、何らかの「仕組み」を持った方が良いです。

例えば、減量を目標にするなら、まずは風呂場に体重計を置き、
鏡の横に『毎日体重を量る』という張り紙を張る、といったように。

何事も凡事徹底で大きな成果となります。

それでは皆様、来年も良い年に致しましょう!


税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト



<< 試験に勝つにはコツがある | ホーム | クリスマスプレゼントの選び方 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム