FC2ブログ

高校野球サイン盗み疑惑に見る、日本人の美徳

高校野球は前橋育英の初出場初優勝で感動の幕切れとなりましたが、
岩手代表の花巻東高校が「サイン盗み疑惑」で叩かれまくっています。

清廉なスポーツマンシップの象徴のような高校野球で、サイン
盗みのようなダーティーな話が出てきたというので、当事者は
結構な叩かれようで、ちょっとかわいそうな気さえします。

しかし、冷めた見方ですが、高校野球は既にビジネスなんです。

特に差別化要素の無い、地方の私立高校が生き残ろうと思えば、
勉強かスポーツで知名度をつけていくしかないんです。

でも、勉強は公立校との競争となり厳しいから、スポーツに走る。
その方向性自体は全然間違っていないし、何の手も打たず、
補助金等にすがる学校よりは、いくらか考えていると思います。

高校野球に限って言えば、開会式ではスポーツマンシップとか
いいますが、他県の選手を特待生で大量に連れてきておいて、
県代表のような顔をしている時点で既に純粋ではないですよね。

ですから、サイン盗みとか、カット打ちだとか、およそ高校生
らしくない話が出てきても、本人たちは学校側も生徒側も必死
なんだし、ある意味仕方ないよなと思います。

間違いなく、花巻東高校だけに限った話ではないでしょう。


しかし、昨今の報道で、運悪く(?)そういった面がクローズ
アップされてしまった花巻東高校がフルボッコにされているの
を見て思ったのは、やっぱり日本人は、美徳を重んじる国民性
を持って生きているんだなあ、ということです。

◆たとえ勝負に勝った、結果を出したとしても、周囲の反感を
買うようなやり方では、最終的には印象の悪さだけが残る。

◆たとえ勝負に敗れた、結果を出せなかったとしても、
正々堂々と勝負して、潔く負けを認める敗者は良い印象を残す。

これは高校野球に限らず、日本においては、社会に出て仕事を
していく場面でも、同じことが言えるのではないかと思います。

一見客をだましてボッたくるビジネスと、お客さんと正々堂々、
渡り合いながら少しずつ評価してもらってやっていくビジネス
と、日本でどちらが長続きするかは明白ですよね。


振り返れば、高校野球は元々教育の一環です。

誰が悪い、叩くべき、とかではなく、「花巻東高校は、日本人
が美徳を重んじているということを、身を持って全国民に
教えてくれた」ということで綺麗におさまらないかな~、
と思っています。


公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト



<< ロジカルシンキングのトレーニング | ホーム | 奴隷思考従業員がいる限り、ブラック企業は永久に不滅です! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム