FC2ブログ

答えはあなたの中にある

経営相談を受ける仕事をしているのですが、みなさまそれこそ
様々な悩みがあります。
売上が欲しい、税金を減らしたい、人が定着しない、後継者が
なかなか見つからない・・・

こういった場合、①解決策の選択肢を出す、②各選択肢のメリット
デメリットを比較衡量する、という流れが基本となりますが、
一長一短でも選択肢が出せれば、問題は半分解決されたような
ものだと思っています。後は選ぶだけですから。

でも、この「選択肢を出す」というプロセスが最も難しいのです。
他人からどんなに多彩な選択肢を出されても、なんか違う、
コレジャナイ感、という場面は皆様も経験がありますよね。

その時に、小職がいつも逆に聞くのは「本当は何をしたいですか?」
「何を一番重視されますか?」という質問です。

かつて、役員報酬を増やした方が良い、というこちらの提案を
理解しつつも、かたくなに拒否する方がいらっしゃったのですが、
よくよく聞けば、決算書を従業員に見せていて、従業員に報酬が
増えたことが分かってしまうのがイヤだ、とのこと。

そもそも従業員に決算書を見せる必要は無いのですが、
どうしても見せなければならないのなら、決算書上の役員報酬を
給与の中に入れてしまえば、役員報酬がどれだけ増えたかは
見えなくなりますよ、とお伝えすると「それええやん!」で即決。

この方の場合は「報酬を増やしたくない」のではなく、それが
従業員などに見えてしまうことが悩みの根本だったんですね。

悩みは内面的な物です。同じ事象でも捉え方やその人が
重視する要素によって、解決策は変わってきます。悩みを
深く突き詰めると、解決策も見えやすくなります。

公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム