FC2ブログ

なぜ弁護士さんはタクシーに乗るのか

なぜ◎◎は◎◎なのかって、一昔前の本のコピーみたいですみません。
 で、表題の件ですが、弁護士さんってよくタクシー乗られますよね。電車で行ける場所、徒歩で行ける距離でもサクッと乗ってしまわれます。

 もちろん、健康上の理由とかで、あえて自転車や徒歩を選択されている方もいらっしゃいますが、みなさんほんとタクシーお好きです。

 で、なぜなのか。結論から言うと時間を買っていらっしゃるんですね。

 徒歩で15分かかるところをタクシーで5分で行くことができれば、10分を節約できたことになります。いや、座って電話の1本もできれば、12分くらい買えたことになるでしょう。 タクシーで5分の距離なら1メーターですから、720円くらい。となれば、1分60円くらい、1時間に直せば3,600円です。

 彼らの時給は当然それ以上ですから、悪くない買い物ですよね。
 でも、年間2,000時間労働で換算すれば、年収720万円以上(税その他は無視)であれば、同等の計算が成り立ちますので、それほど対象となる方が限定されるとは思いません。

 課題対処につき専門家に任せるか、という判断も同じと考えます。例えば、会計記帳や税務申告、果ては税務署対応も勉強すれば自分でできます(=徒歩)が、会計事務所に任せれば当然コストはかかるものの、自分でやるより早く、しかも高品質に遂行することができます(=タクシー)。

 社長の時給×対応や勉強にかかる時間>会計事務所のコストという図式が成り立つ限り、委託することは合理的な判断になるのです。経験上、そういったことを感覚的にすぐに理解される社長様は業績も伸びているような印象があります。


公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム