FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公認会計士のはしくれとしてひとこと

一連の東芝の決算発表と、付随する監査意見の有無

をめぐるやり取りについては、公認会計士監査制度

の存在意義を問われている局面だと思う。




このまま東芝がすぐにでも上場廃止にならなければ、

監査意見=公認会計士監査制度など全く以て無用の

長物である、と世間に烙印を押されても仕方がない。




最終的に監査意見にしか存在意義が見いだせないの

が監査法人に所属する大多数の公認会計士達である。




監査法人に所属する公認会計士達、そしてそれらの

代表者たる公認会計士協会は、その唯一の存在意義

を「公然と蔑ろにされている」事にもっと危機感を

持って具体的な行動(監査意見を得られない企業は

即上場廃止が相当である旨の公式声明の発表等)を

起こすべきだ。




東芝は大きすぎて上場廃止にできない特殊な事例だ、

というなら、会計監査なんて本当にやめてしまえば

いいと思う。そんな会計監査、誰も信頼しないから。




独立性の精神はどこにいった?昼食を監査対象企業

と共にしないのが独立性だと思っているなら本当に

おめでたいことだ。




昔から緩んだ業界だったが、今回は本当にやばいで。







以上、外野自由席からお届けしました。











<東芝>株主総会に決算報告出せず 来月28日開催
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000056-mai-bus_all
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。