名物にうまいものなし、はなぜか

その地方地方の「ローカルグルメ」を「名物にうまいものなし」
なんて言いますが、はっきりした理由があります。

例えば、「博多名物」辛子明太子、「大阪名物」お好み焼き、
だからといって、うまくない、という人はあまりいません。

でも、辛子明太子やお好み焼きって、博多名物や大阪名物
どころか、はるか昔から「全国区」ですよね。

なので、厳しい言い方をすれば、その地方のローカルグルメの
域を出ないうちは、所詮、その程度の味(失礼)なのです。

ローカルタレント、ご当地○○、なんてのに、大したものが
ないのも、同じ理屈です。

最初はローカル、ご当地限定でも、本当に実力や人気のある
ものは、そのうち全国区になっていくのです。

食べ物以外なら、大泉洋とか、クマモンとかもしかりです。


さて、前振りが長くなりましたが、私が本当に言いたいのは、
ビジネススキームの取捨も通ずるものがある、ということです。

例えば「節税にこんな秘策があります」とか「これで他社に
比べてめちゃ儲かります」なんて、よくわからない人たちが
喧伝してきますが、私から言わせれば、本当に良いスキーム
ならば、既にもっと全国区で流行っているはずなのです。

全てがそうとまでは言いませんが、ほとんどの場合、非常に
厳しい特定の条件が揃わないと使えない、中長期でのリスク
がある、法律上グレーである、等何らかの理由で、全国区に
ならない(なれない)のです。

本当にそんなに「うまい」のであれば、こっそり持ってこな
くても、既にうまいので有名なはずじゃないですか、それな
らきちんとお金を払って食べてあげますよ、ってことです。

各種スキームの有効性判断には、どれくらい世間に浸透して
いるか、ということも一つの材料になると思います。


税理士・公認会計士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム