さようならシャープ

嫁から「シャープって今どうなってんの?」と聞かれたので、
こう答えました。


昔々、大阪は西田辺にシャープ子という姫が住んでおりました。
シャープ子は浪費がたたり、生活が立ち行かなくなったので、
結婚することにしました。

シャープ子は液晶作りが特技だったので、台湾から来たホン君、
東京から来た機構君の二人が求婚を申し入れてくれました。

シャープ子(持参金はホン君が7,000億円、機構君が
3,000億円か・・・話にならないわね)

シャープ子「ホン君、結婚して!!」

いよいよ結婚式の前日、腐っても大和撫子のシャープ子は、
あることを決意します。

シャープ子(このまま隠し事をしたまま結婚するのは・・・)

シャープ子「ホン君・・・」

ホン「なんだい?もう僕たちは夫婦みたいなものじゃないか」

シャープ子「今まで隠してたんだけど、本当は私、借金が
3,000億円くらいありそうなの。ぶっちゃけ自分でも
いくらになるかよくわからないの」

ホン「ちょっと時間を貰えるかな(ニッコリ)」


つづく。

いや、ひょっとしたらおわりかもしれない。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム