FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指原莉乃さんが節税会社を設立したみたいだけど、どんなメリットがあるの?

芸能人が売れてくると、会社をつくられる場合が多いですが、
これは、会社設立により数々の節税メリットを受けられるからです。

そもそも個人の税金は、その個人の「所得」に応じて計算されますが、
タレントさんは「個人事業主」としての扱いとなります。

しかし、個人事業主は、はっきり言って節税の余地が非常に限られます。
しかも、個人高額所得者への課税は容赦ありません。

例えば、収入から諸々の経費を差し引いて、指原さんに1億円の手残り
(所得)があったとすれば、所得税及び住民税合わせて約4,700万円
が持っていかれる計算になります。
かなりえげつない話ですよね。


≪給与所得控除の活用≫
これを、会社を設立し、その会社から給与を受け取る「サラリーマン」
という形にすれば、途端に節税の余地が広がります。
まず、この形にすると「給与所得控除」という、所得から差し引ける
控除が、収入に応じて最大245万円生じます。
従って、指原さんが会社で稼いだ売上から諸々の経費を差し引いて
会社に残った1億円を全て会社から給与として受け取れば、個人の
税金計算上は、収入が個人事業主と同じ1億円でも、税金計算上の
所得には245万円の差が生じ、ここだけで100万以上の節税になるわけです。
しかし、これはまだ序の口です。


≪親族従業員への給与支給≫
所得税の仕組みとして、高額所得者になればなるほど税率が
高くなるようになっています。
なので、例えば、ご夫婦で営んでいる会社で1,000万円残った場合、
夫だけに1,000万円の給与を支給する(約176万円の所得税)よりも、
夫婦にそれぞれ500万円の給与を支給する(2人合計で約115万円
の所得税)方が、最終的に夫婦合算での手残りは増えるのです。
(前述の給与所得控除も頭数分使えることとなります)
指原さんのような未婚の方でも、高額所得者であれば、親御さん等の
親族へ一定程度、所得を分散することは十分に効果があるでしょう。


≪生命保険の活用≫
個人は、いくら多額の生命保険を掛けようが、最大でも12万円しか
所得から差し引けません。
一方、法人が社長を対象とした生命保険を支払い、社長が死亡した
時は法人が受け取った保険金から、社長へ死亡退職金を支払う、
という形にすれば、毎年の生命保険料は基本的に経費となります。
また、法人向けには、様々な工夫された生命保険が用意されており、
節税策の幅を広げています。


ここではお話ししなかった以外にも、個人事業の法人化には、
一定期間の消費税免税や、経営上の信頼性向上など、
他にもメリットがたくさんあります。

芸能人のような大掛かりな話でなくても、個人事業主の方は、
ある程度事業が軌道に乗ってこられ、さらなる成長を志向される
のであれば、法人成りを考えられるのは悪くないと思います。

もちろん、法人化にはメリット以外にも注意すべき点もあります
ので、その際は個別に税理士へご相談されることをお勧めいたします。


公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。