FC2ブログ

儲けたいなら研究者も独立しなさい!

社員が発明した特許は会社のものなのか、個人のものなのか。
http://www.asahi.com/articles/ASG523JV4G52ULFA00C.html

法律の事はよくわかんないですけど、これだけは言える。

企業に所属する研究者なんて、吉本に所属する芸人とか、
レコード会社に所属するミュージシャンとかと同じですよ。

既に売れている先輩芸人や先輩ミュージシャンが稼いできた
お金で、売れるまで「自分の芸を磨く」ことに打ち込める
環境を用意してもらってるのです。

それを、たまたま「当たり」を引いたからといって、
勘違いしてはいけない。

まあ、百歩譲って、「当たり」を引いたのが研究者の能力に
よったものだったとしても、

事業化できる量産体制を整えるのは誰?
顧客に届くマーケティング費用を出すのは誰?
見込み通りにいかなかった時にリスクを負うのは誰?

これらは全て経営者ですよね。


でも、うまくできていて、ずっと結果が出せなかったから
といって、それまでの研究費を返せとも言われないわけです。

基本的には企業での研究開発って、100に1つの当たりが
でるまでに、残りの99は死ぬんですよ。

つまり、運よく1の当たりを引いた研究者だけに大きな対価
を与えるのは、経営的には正直バランスが合わないわけです。

で、そんなに儲けたいなら、雇われ研究者なんてやってないで、
独立すればいいんです。今は技術系のベンチャーを支援する
ベンチャーキャピタルも随分整備されてきましたから。

ただ、独立して成功する研究者の方は、ピュアな研究者的情熱
だけでなく、経営的感覚も持っていらっしゃるように感じます。

優秀な、そして野心ある研究者の方々は、独立される前に、
そのあたりを胸に手を当てて考えてみて頂ければと思います。



公認会計士・税理士
大塚祐介
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム